当ウェブサイト(toeijapan.co.jp 以下 当サイト)をご利用いただくためには
Internet Explorer 10」以上の環境が必要です。
条件を満たさない環境下でご利用頂いた場合は、正しく表示されません。ご了承ください。

Internet Explorer 最新版ダウンロード

東栄ジャパン

船舶管理

心ある包括的な船舶管理

船舶の安全運航や質の高い船舶管理は船舶運航においてきわめて重要な課題です。当社は、常に安全・品質に対する課題と改善の意識を持ち、社員、船員、船舶及び船主が一体となった安全運航と管理に取り組んでおります。事故・トラブルの未然防止に向け船員への研修の実施や条約・法律等のルールの改正をいち早く提供・浸透させ、質の高い船舶管理を提供します。

経験豊かなスタッフによる質の高い 船舶管理を実現

国際間の輸送を担う外航海運は世界単一市場の中でグローバルな競争にさらされておりますので、船主様からはコストを抑えつつ、質の高い船舶管理を行う会社に委託したいというニーズがより高まっています。船舶は手入れや整備によって耐用年数が大きく異なり、ずさんな船舶管理をしていると船舶の耐用年数が短くなってしまいます。当社は実務経験のあるベテラン及び若手の海工務監督を擁し、高度な船舶管理を実現することで船主様の資産価値を維持・保全いたします。

船舶管理の実績

2014年1月1日に釜山に設立したGROUP会社TOEI KOREA LTD.とともに、日本、韓国の監督が協力し、安全な運航と資産価値維持のために(ISM)コードによる管理体制の下、船舶管理を行っています。

管理隻数 : 13隻
内訳 :
バルカー船 12隻(28型~208型)
コンテナ船 1隻(1,000TEU)
(2017年9月30日現在)

その他の事業

TOPへ戻る